ビットコインに投資するには - ビットコイン投資を始めてみませんか

ビットコインに投資するには

HOME » ビットコイン投資 » ビットコインに投資するには

自分でビットコインに投資するには、取引所や販売所を使うのが基本です。
ここに利用登録すると、自分の好きなようにビットコインへの投資ができます。
逆にここ以外でビットコインを購入できることは少ないですから、これへ投資するには、基本的にこれら取引所や販売所を使ってください。

ここを利用するための条件は非常に簡単なのですが、誰でも絶対に使えるわけでもありません。
投資には元本保証がありません。
元本保証とは、最初に投じたお金を必ず返す保証のこと。
投資したお金が戻ってこないことも十分にありえる取引になりますから、責任能力がある人でないと、ビットコインを売買できる利用登録が難しくなります。

その基本条件となっているのが、成人していることです。
未成年者が自分の名義で利用登録をするのは、難しいことが多いですね。
利用登録ができないと、その取引所や販売所でビットコインの売買ができないため、投資もできないことになります。
これに投資するには、大前提としてこの利用登録が必要になるため、この登録のために必要な条件が、投資のために必要な条件にもなります。

年齢のほかには、身元の申告も必要になる点に注意が必要です。
住所や氏名、連絡先などの基本的な個人情報を、ここで申告しないといけません。
職業や年収といった条件はあまり必要ありませんが、自分の基本的な身元は申告しないといけませんから、そのつもりでいてください。

なお、これらは厳重に確認もされます。
自己申告だけで登録できるわけではないのです。
確認は、まず身分証明書の確認から始まります。
運転免許証、健康保険証、パスポートなど、身元の証明のために使える書類がいくつかありますよね。
これらの該当箇所を撮影し、登録画面の中でアップロードするのが基本です。
どの身分証明書でも構いませんが、これの提示ができない場合、登録が難しくなります。
また、身分証明書の有効期限や、記載されている現住所なども見られますから、有効期限内のもので、申告した住所と一致するものを使ってください。

これで終わりではなく、さらには申告した住所に転送不要郵便が送られることもあります。
これの受取が必須となる場合もありますから、本当に現住所で登録しないといけません。
ビットコインを購入するため、取引所や販売所で利用登録をするためには、このような手続きが必要になります。
そしてこれがビットコインに投資するために必要な手続きにもなりますから、これら手続きができるのかを調べ、投資前に終わらせてください。