ビットコイン投資の注意点 - ビットコイン投資を始めてみませんか

ビットコイン投資の注意点

HOME » ビットコイン投資 » ビットコイン投資の注意点

投資した結果、その資産が値上がりすれば投資は成功したと思えますよね。
ところがビットコインの場合は、資産が値上がりしても、投資には失敗という例があります。
注意点としてよく知っておきたいことです。

なぜビットコインが値上がりしたのに投資は失敗になりえるのでしょうか?
それはビットコインの管理や取扱いに失敗すると、これを失うことがあるからです。
この仮想通貨は、PCやスマホなどにいれたウォレットで管理するのが基本です。
そのため、これら機器が故障したとき、ビットコインを失うことがあります。

PCやスマホのウォレットに入れたビットコインを扱うには、それにアクセスできないといけません。
平常時は問題ないのですが、機器が故障したらどうなるのかというと、このときはビットコインを扱えなくなります。
そのウォレットに入っている仮想通貨を確認するにも、別の場所へ送金するにも、まずは仮想通貨が現在入っているウォレットにアクセスする必要があります。
このウォレットはPCやスマホに入っているプログラムの1つという扱いですから、その機器が正常に動いていないと、アクセスもできません。
もし機器の故障でこれにアクセスできなくなったら、その中に入っているビットコインもそれ以上動かせないため、これを失ったのと同じことです。
その後、ビットコインが値上がりし、売り時が来たとしても、自分が持っている仮想通貨を動かせなければ、もちろん売却もできません。
これを買ったときに投じたお金はもう戻ってきませんから、投資には失敗ということになるのですね。

これと似たようなケースとして、送金ミスでビットコインを失うというケースもあります。
これもかなり気をつけたい注意点です。
この仮想通貨を移動させるときは、電子メールを送るときのように、送り先のアドレスを指定して決定するという流れになります。
たったこれだけでビットコインを移動できるのが、この仮想通貨のメリットです。

ただ、送り先を間違えたときも機械的に送信されますから、注意が必要です。
もし赤の他人のアドレスを指定して送信したら、その人の元へ送金され、ビットコインが戻ってくることはほとんどありません。
存在しないアドレスへ送ったときも同じで、そこで送金した仮想通貨が返ってくるとは限らないのです。

このような送金ミス、ウォレットを入れていたPCやスマホの故障といったトラブルでビットコインを失うと、せっかく値上がりしても売ることができず、投資失敗となりがちです。
このようなことがないように注意してください。