ビットコイン投資の種類 - ビットコイン投資を始めてみませんか

ビットコイン投資の種類

HOME » ビットコイン投資 » ビットコイン投資の種類

ビットコイン投資と一口にいっても、種類は1つだけではありません。
もっとも基本的な種類になるのは、現物取引です。
一般的によく行われているビットコイン売買は、これになります。
これを選んだ場合、投資家はまず投資するお金を用意し、それでビットコインを購入します。
購入できるのは、用意した金額分のビットコインです。
1万円なら1万円分のみ、10万円なら10万円分のみの購入となります。

そしてこの投資をすると、実際にビットコインを入手できます。
そのため、現金をビットコインへ両替したといった感覚もあるかもしれません。
そのビットコインは自分の持ち物として、自分で管理しないといけません。
そのためにはウォレットなども必要ですから、これはどこかで用意しないといけないのです。

このような多少の準備はありますが、この投資は一番シンプルな種類になるため、初心者でも始めやすいのが特徴です。
お金を用意し、取引所などへの登録を済ませ、ウォレットなども準備すれば、すぐに始められます。
買ったビットコインをいつ売却するかも自分で決められますから、あまり高額な投資をしていないなら、購入後に売却計画などをゆっくり考えてもOKです。

ビットコイン投資というとこのような資産運用が一般的ですが、ほかにFXという種類もあります。
実はこれもいきなり始めることもできるのですが、こちらは普通の現物売買とは内容が少し違うため、始める前にはよく内容を確認し、計画などもしっかり立てて始めるのがおすすめです。

ビットコインFXの注意点は、普通の投資に比べてハイリスク・ハイリターンになる点。
レバレッジといって投資額を倍増した状態で運用するため、少額投資でも高額投資をしたときと同じリターンを得られる可能性があります。
ただ、それは損失に対しても同じ効果があり、少額投資しかしていないのに、高額投資をしたときと同じ損失が出る恐れもあります。

また、本当に倍額された損失が出たとき、負担できない投資家が出ないよう、取引所の方で運用制限がある場合も多いです。
これは含み損が拡大した時点で、自動的に運用を打ち切る措置になります。
これのおかげで安全にビットコインFXの投資ができるともいえますが、思わぬタイミングで投資終了となる可能性もあるわけです。

このようなことから、初心者でもいきなりFXは始められますが、どちらかというとこちらは中級者以上向けの投資になります。
どちらも同じビットコイン投資になりますが、種類が違うと内容がまったく変わるわけです。
始めやすいのは現物取引の方ですから、特に強い希望がなければ、こちらを基本として覚えておくといいです。